利益アップのコツは損切りの重要性を認識すること!?

やみくもに取引をしても勝てないのがFXです。
どのような方法で取引をしていくか、自分なりの計画を立てることが大切。
まずは「どの通貨を、どの時間帯に取引していくのか」など、しっかり考えてみて下さい。

副業としてFXを行うのなら、(秒単位・分単位での取引より)時間をかけた取引を。
一方、為替レートの動きを常時モニターできる余裕があるのなら、小さな上下動を狙って1日に何度も売買を繰返すという手法を検討してみるといいでしょう。
また、為替レートが比較的安定していると判断できるときには、高金利通貨を買って外貨預金のように長期運用するという選択肢もありますね。

ただ、どのような取引をする場合にも、取引の鍵となることがあります。
それは「損切り」です。
FX取引を本格的にやっていこうと考えているのなら、「損切り」テクニックは絶対に身につけておきましょう。

損切りとは、ずばり“損を確定する”こと。
損失の拡大を防ぐため、(損失額が許容範囲にとどまっている間に)見切り売りすることです。

要するに、一定以上に損失が膨らまないよう、自ら損を出すわけですね。
当然その決断には勇気が要ります。
ついつい「自ら損を出したくはない」、「もう少し待てば事態が好転するかも…」という思いから、損切りのタイミングを逃してしまう方が後を絶ちません。

もちろん、「慌てて損切りをせず、保有し続けていたらレートが回復した」というケースもありますから、損切りが常に正しいとは言い切れないところもあります。
ただし、こうしたケースは非常に稀!
FXに限らず、株など他の投資にも言えることですが、一旦損切りのタイミングを逃してしまうと、(相場は自分に不利な状況へと突き進み)どんどんと損失が拡大してしまうことの方が多いのです。

そのため、相場分析などの稼ぐテクニックよりも、損を最小限にとどめる「損切テクニック」を重視すべきだとする投資家は少なくありません。
実際に、FXなどの投資で大きな利益を上げている人は、稼ぎ方が上手いというより、むしろこの損切りの技に長けているのだと言われることも!
それほどまでに、投資をするうえで損切テクニックは重要なのです。

損を確定するのは、決して良い気はしません。
ですがFXで効率よく稼ぐためには、この決断が重要。
投資に“損はつきもの”と心得て早めに見切りをつけるべきなのです。

それこそ元本以上に損失が膨らめば、焦りから益々冷静な投資判断ができなくなりますし、生活に支障が出てくる恐れさえあります。

考えてみて下さい…
そもそも投資で100%勝つことなど不可能なのです。
ですから、損がでたときには潔く諦めて、その負け(損失)をいかに少なく抑えられるかに集中するのが得策というもの。
そうしてこそ、最終的にまとまった利益を手にすることができるのです。
 

top